忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

銭函川 上流 釣り



今日は小樽市を流れる銭函川で釣りをしてきました。写真は国道5号の銭函橋です。この前は下流から入渓したので、今回は上流域を散策しに来ました。しかし橋の下を流れる銭函川を覗き込んでみると、



写真では伝わらないかもしれませんが恐ろしい高さです。銭函川は両岸が崖のような急斜面になっているため、入渓できる場所は限られています。ここから入渓するのも到底不可能なので他の場所を探しましょう。



次に訪れたのは目星を付けていた小川です。この住宅街を流れる小川は銭函川に流れ込むので、辿っていけば簡単に入渓できるかもしれません。



川沿いを下流に向かって歩くと茂みの奥に銭函川が見えてきました。やはりここなら簡単に入渓できるようです。



無事銭函川に到着。下流のような人工の滝はなく、自然河川が続いています。ただし



上流でも川底のヌメヌメは健在です。ご覧の通り岩に付着するとろろ昆布のような藻のせいでとにかく滑ります。それでも上流に向かっていくと、



良い感じのポイントを発見。しかしアタリはありません。ならばもっと上流に釣り上がってみようと思いましたが、川底があまりにも滑るので早々に脱渓しました。やはりこの川を遡行するのは骨が折れます。他のポイントに移動しましょう。



そして訪れたのは銭函浄水場の奥にある最上流ポイントです。山奥なのに何故か人工的な流れですね。



こんなプールもあります。覗き込んでみると



 20センチほどの魚が泳いでいるのが見えます。でも少し待って下さい。普通こんな釣りやすい所に魚影があるでしょうか。つまりどういう事かと言うと、



こういう事です。魚が見えるのに釣りができないのは歯痒いですが、己の身勝手な欲望で人様に迷惑をかける訳にはいきません。ここは魚たちの聖域という事にして退散します。まあ監視カメラもありますしね。ちなみにこの奥も道は続いていますが、



凄い警告の数です。これに大人しく従い今日はここで帰宅しました。結局銭函川の上流で魚を釣る事はできませんでしたが、また機会があれば訪れてみようと思います。

銭函川の下流にも行ってみる
PR

コメント

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数