忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

月寒川 釣り



今日は札幌市白石区を流れる月寒川で釣りをしてきました。厚別通の下流辺りからの入釣です。



川底の様子を見てみると水草がびっしり生えていて気味が悪いですが、水質はそこまで悪くないように見えます。しかしこの辺りは浅過ぎてウグイの幼魚しかいないようでした。下流に移動します。



次に訪れたのは月寒川と望月寒川の合流地点です。言わずと知れた有名ポイントですね。とりあえず仕掛けを投入して、コイに警戒されないよう物陰で待機する事にしました。



それにしても凄い数のコイですね。軽く20匹は視認できます。しかし時々仕掛けに寄ってくる事があるものの、殆どのコイは仕掛けに興味なしという感じでした。結局1時間以上粘って釣れたのは



ウグイだけです。やはりコイ釣りは難しいですね。諦めて下流に移動します。



月寒川と望月寒川の合流地点より下流は若干流れが速くなっています。ちなみにこの辺りにもコイがいましたが、やはりウグイしか釣れません。



そして最後に訪れたのは月寒川と豊平川の合流地点です。ここもコイの巣窟なのかなと思って見ていると、泳いでいるコイとは別に謎の魚がジャンプを繰り返していました。



テトラの上に移動してもう一度よく見てみると、謎の魚の大きさは30センチほどで高いジャンプ力がありコイとは思えません。それにコイより体高がある感じに見えました。一体何だろうと思って仕掛けを投入するも、釣れるのは



ハゼ科の魚ばかりです。跳ねている魚は全く反応してくれません。



水の色が全く違う豊平川と月寒川の境目辺りでも謎の魚は跳ねているので、今度はルアーで攻めてみます。しかし1時間ほどキャストを繰り返すもアタリがなかったので、今日はここで帰宅しました。結局謎の魚の正体は分からず仕舞いですが、後になって考えてみるとあれはヘラブナだったんじゃないかと思います。もしその通りならルアー釣りをしていたのは滑稽ですけどね。また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。
PR

コメント

1. 無題

望月寒川、白石駅辺りまで行くと水質はだいぶ綺麗になりますが、何が居るんでしょうかね。ウグイが大量に群れて居るのは見ますが。
月寒川の方は平和駅辺りまで行くと流れも出てきて水質も良いですが、渓魚は居るのでしょうかね。

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

月寒川の上流は渓流魚がいてもおかしくないと思います。とはいえ水源である西岡公園は釣り禁止なので、現実的に狙えそうなのはラウネナイ川との合流地点辺りですかね。

望月寒川の上流はコンクリート固めで魅力はありませんが、中流域は何かいるかもしれません。暇があれば調査してみたいですね。

3. 無題

ブログいつも拝見しています。
豊平川と月寒川の合流点は自分の春のホームグランドでしたので書き込みさせて頂きました。
あの場所は色んな魚種が釣れますよ♪落ち込みは水深が深くないので型が出ませんが、境目では過去に時期によってはサクラ(絶対リリース)同時期では個人記録ですが8㌘のスプーンで50㎝のウグイが掛かってくれます(笑)
生息を確認出来てる魚種としては鯉、へら鮒、ウグイ、雷魚、鯰、ニジマス、イトウ、鮭、サクラマス、ボラ、アメマスになります。ブラウントラウトも居るそうですが、腕がまだまだなので確認出来ていません(笑)
豊平川のウグイはルアーフィッシングをスタートさせるなら最高の先生だと思うので、是非あらためて攻めてみてください♪
ちなみに私もマイナー河川が大好きです♪みんなが行かない河川で渓流魚を釣る快感はたまりませんね♪

4. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

豊平川と月寒川の合流地点がそんなに魚種豊富とは知りませんでした。恥ずかしながらヘラブナ、ライギョ、ナマズは人生で一度も釣った事がないので、いつかまたチャレンジしてみたいですね。貴重な情報ありがとうございました。

今後も誰も知らないような怪しい釣り場を公開していく予定ですので、お楽しみ頂ければ幸いです。

5. 無題

おぉ…素敵なブログですね。
市街地の釣りでいろいろ探っているので参考にさせていただきます。

ラウネナイ川との合流地点からヤマダ電機くらいまで、月寒川を釣り歩いてみましたが、ウグイしかいないですね。それもすごく小さいです。

昔はイシカリワカサギがいたようですが、工事の結果全滅したのか、水源地までいかないと居ないようです。ワカサギクラスの小さな針で釣りすれば、もしかしたら釣れるのかな…。

川底には、それはもう嫌がらせのようにカワニナがびっしりついています。小石に見えるのは、全部カワニナ。ホタル放ったら普通に育つんじゃないでしょうかね。

6. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。マイナー河川ばかりの釣行記で宜しければ、どうぞ参考になさって下さい。

私が一人で調査できる川の数には限度があるので、このような情報を提供して下さると大変ありがたいです。やはり月寒川にはコイとウグイくらいしか生息していないのかもしれませんね。ただ渓流魚がいないならいないで、次はナマズを探してみようかなと思っています。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数