忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

望来川 釣り



今日は石狩市を流れる望来川で釣りをしてきました。望来川は誰もが敬遠する濁りと淀みを兼ね備えた不人気河川ですが、入渓地点だけ見ると意外に悪くないように見えますね。まずはここから遡行していきます。



上流に見えてきたのは望来川一番のビッグポイントである中流域の滝です。魚が溜まるとしたらここしかないでしょう。早速仕掛けを投入すると



良型ウグイがヒット。予想通りの魚だなと思っていたら、この後15センチくらいのヤマメも2匹釣れました。しかし写真を撮り損なう痛恨のミスを連発したため証拠写真はありません。もう一度ヤマメが掛かる事を願って仕掛けを投入し続けましたが、



河川規模に似合わない良型ウグイが連発します。35センチ以上ありそうな巨体です。



その後もウグイ爆釣は止まりません。太りっぷりも凄まじいですね。結局この深場では尺以上のウグイがなんと30匹も釣れました。しかしワンポイントに魚が共存できる数は限られており、これだけ大量の良型ウグイを養うエサが流れてくるとは思えません。そのため釣れたウグイの殆どが産卵のため川を遡上してきた降海型だったのではないかと思います。



ウグイが釣れ過ぎる滝のポイントに見切りを付けて今度は釣り下っていきます。しかし淀んでいて深い場所が多く釣り下っていくのも大変ですね。



それでもたまに渓流らしいポイントがあるので期待感はありましたが、釣れたのは全部ウグイでした。ちなみにこの深場はコイも泳いでいたので、本流で渓流魚を狙うのは難しいみたいです。



そこで予め目を付けていた滝のポイントの上流に流れ込む支流はどうだろうと思って橋の上に来てみました。ここから50メートルほど下流が支流との合流地点になっているはずですが、川に入っていける雰囲気ではないですね。支流に直接入釣するルートも見つからないので今回は諦めます。



ならばさらに1キロほど上流の支流はどうだろうと思い橋の上に来てみましたが、同じく本流から入釣するのは不可能と判断して今日はここで帰宅しました。望来川の支流は濁りも淀みもなく普通に渓流魚が釣れるのではないかという推測の答えが得られなかったので、また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。
PR

コメント

1. 無題

ウグイも秋になると美味しいんじゃありませんかね・・

2. 返信

試しに食べてみて下さい!私は遠慮しておきます!

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数