忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

祝梅川 釣り



今日は千歳市を流れる祝梅川で釣りをしてきました。今まで祝梅川と言えば千歳川との合流地点付近しか見た事がありませんでしたが、豊富な魚種が生息しているという噂を聞いて来てみました。合流地点の3キロほど上流からの入釣です。



釣り上がっていくと結構流れが複雑でポイントも多い感じです。ただ藪が酷くて上手く仕掛けを流せません。さらに魚の警戒心が非常に強く、川に近付いただけでササッと泳ぎ去っていくのが見えます。流石は千歳の魚という感じで手強いですね。



その後しばらく上流に向かって歩き、東大通を横断した所まで来ました。ただこの辺りは住宅街から近過ぎるので魚はいないだろうと思い油断していると、



40センチ級ニジマスの姿が私の目に飛び込んできました。私はあまりの出来事に「マジか」と絶叫するしかありませんでした。住宅街の近くを流れる小規模河川に40センチ級なんて普通はあり得ません。しかしよく見ると腹が白く変色しており、私が近付いても逃げる体力すら残っていないようでした。この様子だと死期が近いでしょうから、そっとしておいてあげましょう。上流に移動します。



しかし先程の場所より上流はご覧の通り直線化されていて面白味がありません。こんな所にまともな魚はいないだろうと思い半分諦めムードでしたが、その瞬間



20センチくらいの魚が水草の間を泳ぎ去っていくのが見えました。私は思わず「マジか」と再び叫んでしまいました。今日は祝梅川のポテンシャルに驚かされてばかりです。



この直線化された流れにも魚がいると分かったので釣りを試みますが、どうしても仕掛けを流す前に魚に気付かれてしまい釣りになりません。浅くて隠れる場所が少ない直線的な流れとクリアな水質が、尋常ではない魚の警戒心を生んでいるようです。それでも何とか魚に気付かれずに写真のポイントに仕掛けを流すと、



23センチの鮮やかなニジマスがヒット。2時間ほど試行錯誤してやっと釣れてくれました。それにしても祝梅川のニジマスは燃え上がるような赤色をしていますね。この美しい魚体に満足し、今日はここで帰宅しました。非常に難しい釣りを強いられる川でしたが、思いのほか魚影がある事も事実なので、また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。
PR

コメント

1. こんばんは(^_^)

拝啓
千葉千太郎様
真っ赤なニジマス。炎に包まれたようなかっこいい魚体ですネ(*^^*)
毎度、貴殿のブログを拝見させていただいているyouです。
住宅街で40センチですか。相当魚影が濃いようですネ〜
北海道の渓流はすンばらしい。マジか!連発ですよねww
今、熊本が大変なことになっていますが‥‥
では。
敬具
you

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

よくブログを見に来て頂いているのに、あまり更新できなくて申し訳ありません。気長にお待ち頂けると幸いです。

40センチ級ニジマスがいたポイントは、狭い土管でしか下流と繋がっていません。そしてすぐ上流は直線化されているため、僅かな自然河川の区間に魚が溜まるようです。ただその分釣り人も多く、魚は異常にスレています。それをどう攻略するかが祝梅川の醍醐味と言えるでしょう。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数