忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

最後に

気胸で一番辛いのは息苦しさや胸痛などではないと私は思っています。気胸で一番辛いのは、いつ再発するか、何度再発するか分からないという不安に支配され、前向きに生きようとする心が奪われていく事だと思うのです。私自身気胸を発症している時は勿論、健康な時でさえ些細な胸痛にビクビクし精神が擦り減っていきました。さらに楽しみにしていた行事を気胸で断念せざるを得なかった時などは、本当に自分の体を呪ったものです。

でも今振り返ってみると、普通に生活できる体がある事は当たり前ではなく、本当はとてもありがたい事なんだと実感できました。それと同時に、健康な時まで再発という不安に支配されていては人生損だと強く思ったんです。このように気胸で辛かった事、考えた事は沢山ありました。でも健康に疑問を持たなかった昔の自分より、人として成長できたんじゃないかと思っています。

最後に気胸で苦しむ全ての人たちへ。私を含めた気胸人の皆さんが再発なく、幸せな人生を全うする事を願って止みません。

全ての気胸人に幸あれ!
PR

コメント

1. いきなりですが、

拝啓
千葉千太郎様
突然ですが、ども。 今までどうして気胸研究所っていうんだろうなぁと思いながら、釣りの記事ばっかり見ていて、初めて気胸の記事を見て驚きました
後、自分のアホさに呆れましたw
原因不明なんて、すごく怖いですね。本当に今の健康な身体に感謝です(*^◯^*)
貴殿は命の危機を乗りっきてこそ、命の大切さについて真に理解されているんだと
思います。
では。
敬具
you

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

気胸研究所というタイトルの通り、このブログは気胸で苦しむ人を支援するために開設されたブログです。そのため開設当初は気胸の記事しか扱っていませんでした。

そこに軽い気持ちで釣り記事を載せて以来、釣り記事目的のアクセスが爆発的に増えてしまい、現在は釣り中心のブログとなっています。

ただ釣り中心のブログになっても、気胸という病気を沢山の人に知ってもらいたいという願いは変わりません。ですからブログの客層とは合いませんが、今後も気胸研究所というブログ名を貫いていく予定です。

3. 無題

千葉様

いつも釣り情報や釣果を楽しみブログを拝見しております。

私自身中学3年~大学4年まで、ドレーン・胸腔鏡併せて21回ほど施術を行い、両肺共に癒着術により現在は安定しています。
(癒着術は気胸でお馴染みの玉川病院で受けました。)

やはり気胸という病気がそこまで知名度もなく、原因も分からず
かなり辛かったなーという思い出がありますが、
私もなにか支援できるようなことがあればぜひお声掛けください!!

私も釣り好きの端くれなので、釣りをしながら今後も健康に過ごせればと思います。

千葉様もお体には気をつけて、今後も釣り楽しんでください!
どこかでお会いできることを楽しみにしております。

Han

4. 返信

嬉しいコメントありがとうございます。千葉千太郎です。

20回以上の施術とは、まさに気胸界のエリートですね。現在は健康体との事で安心しました。

ハードな釣行記を書く事で、気胸歴があっても人並み以上の体力を取り戻せる事の証明になればと思います。

ヨネックスの白い上着を着た身長180センチくらいのメガネの男が川を歩いていたら、恐らく私ですのでよろしくお願いします(笑)。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数