忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

抜羽の沢川 釣り



今日は三笠市を流れる抜羽の沢川で釣りをしてきました。写真のダムはヌッパの池と呼ばれており、今回はこのダム湖上流を調査してみようと思います。



林道を歩いてヌッパの池上流に降り立つと、やはりチョロ川で水量は少ないものの水質は良く、深場があれば渓流魚がいるかもしれません。



ただ期待していた第一砂防ダムはこの有り様でした。このタイプの砂防ダムは深場が形成されにくいので嫌いです。当然のようにノーヒットでした。



砂防ダムに見切りを付け上流へ歩いていくと、写真のようなポイントが時々あります。しかし時期が悪いのか元々魚がいない川なのか、アタリは全くありません。今回のように誰も入らないマイナー河川で渓流魚が釣れると最高に嬉しいのですが、なかなか厳しい状況です。



そしてその後も100メートルほどの間隔で人工の滝がありましたが、滝の下の深場は全て不発に終わり、結局写真の4番目の滝で諦めて今日は帰宅しました。残念ながら抜羽の沢川で魚の生息は確認できませんでしたが、また機会があれば訪れてみようと思います。
PR

コメント

1. 初耳でした・・・

三笠市は、嫁の実家&父の出身地であり、嫁の帰省等で年に5回は行っています。しかし、抜羽の沢川は初めて聞きました。
グーグルで場所を調べましたが、これまたすごいところを選びましたね!
三笠市の河川では、渓流漁が釣れたという話どころか、釣りをしたという話すらほとんど聞かないので、やはり生息数は少ないのですかね?桂沢湖なら、アメマスくらいは釣れてもいい気がしますが・・・
今度三笠市に行かれた際は、幾春別の「更科食堂」という蕎麦屋さんがお勧めです。
ちなみに、千葉様のブログとの出会いは、幾春別川での釣り情報をネット検索したときでした。

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。この記事は誰にも需要がないだろうと思っていましたが、コメントが貰えて嬉しいです。

桂沢ダム下流の幾春別川はニジマスの魚影が濃く、今年も20~40クラスのニジマスが釣れてくれましたが、ヤマメとイワナは殆ど見ませんね。今まで15回ほど三笠市で釣りをして1度か2度見た事がある程度です。ちなみに桂沢ダム上流の幾春別川は基本あまり釣れませんが、運が良ければ30以下のニジマスが釣れてくれます。ただヤマメやイワナはダム下流以上に珍しく、桂沢湖も似たような状況でしょう。やはり幾春別川は全域ニジマスの川という印象ですね。

ならば奔別川などの支流はどうだろうと調査を進めてきましたが、思ったような釣果はありません。今回の抜羽の沢川も空振りに終わってしまいました。それでも幾春別川の支流で目星を付けている川がまだあるので、来年度以降の調査にご期待下さい。

更科食堂は昔一度だけ来店した事があり、その時は蕎麦が品切れで仕方なくラーメンを注文しました(笑)。ガースーさんオススメの蕎麦、是非一度味わってみたい物です。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数