忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

山鼻川 釣り



今日は札幌市南区を流れる山鼻川で釣りをしてきました。写真は山鼻川と豊平川の合流地点です。ご覧の通り水質は豊平川より良いくらいですし、意外に水量もあります。それではここから釣り上がってみましょう。



山鼻川の下流は写真のような深場が連続しています。しかし仕掛けを投入するもアタリはありません。



それにしてもこの異常な水量はどういう事なんでしょうか。山鼻川は長さ2キロほどの小川であるはずです。そんな川がこのような大渓流並みの水量を持っている訳ですから、何か秘密があるに違いありません。すると上流に



怪しいトンネルを発見。勢い良く水が流れてきます。調べてみると、どうやらこの水は藻岩発電所からの排水であるようです。そしてこのトンネルの少し下流に



チョロチョロと流れ込む滝があります。実はこの滝こそが本来の山鼻川なのです。もう川の名前を「藻岩発電所川」に改名した方が良いんじゃないかと思いますが、ここより下流は山鼻川となります。



前述の通り下流の山鼻川は殆ど藻岩発電所からの排水であるため、トンネル付近の滝より上流はご覧の通りの小川になります。



しかも川底は岩が人工的に敷き詰められており、魚が生息するには厳しい環境です。



それでも上流に向かっていくと、今度はマムシ注意の看板が。確かに辺りの石垣にはマムシが潜んでいそうですが、この看板より上流は



川底が自然の砂利になっています。ひょっとしたら魚がいるかもしれません。



とは言え跨げるほどの浅い小川であるため、ポイントは限られています。その分写真のような場所を丹念に探るもアタリはありません。するとマムシの看板から500メートルほど歩いた所で



左から水が流れ込んでいます。奥は行き止まりです。



左を見ると鉄柵の中から水が流れ出ていました。どうやらこの水が山鼻川の主な水源のようです。それを確認した所で今日は帰宅しました。結局山鼻川で魚を釣る事はできませんでしたが、また機会があれば訪れてみようと思います。
PR

コメント

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数