忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

厚別川 釣り



今日は札幌市清田区を流れる厚別川で釣りをしてきました。札幌ふれあいの森の3キロほど上流からの入釣です。厚別川は私が渓流釣りのキャリアをスタートさせた思い出の地であり、今でも年に一度は訪れています。それではここから釣り下っていきましょう。



厚別川は大物は狙えないもののヤマメの魚影が濃く、今まで坊主を食らった事は一度もありません。すると早速写真のポイントで



大きなカジカがヒット。渓流釣りでは外道なのかもしれませんが、意外に美味だという噂もあります。まあ私は食べた事がないので何とも言えません。



その後も次から次へと写真のようなポイントが現れます。厚別川はポイント間の距離が近く遡行も楽なので、初心者でも安全に川を楽しめる所が良いですね。するとここで強めのアタリが。掛かっていたのは



19センチのヤマメでした。厚別川のヤマメは大体これくらいが最大サイズかなと思います。今日はこの後2匹ヤマメを追加し、最終的にヤマメ3匹、カジカ1匹という釣果で帰宅しました。厚別川は2014年の大雨でかなり渓相が変わってしまいましたが、魚影は健在なのでまた機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。

厚別川の下流にも行ってみる
PR

コメント

1. 良い川ですよね(=゚ω゚)ノ

更新日を待ちに待っていました^ ^
厚別川は、自分も渓流釣りを始めた場所です。
遡行しやすく、良心的な川ですよね〜 滝野すずらん公園付近で、釣り堀から逃げ出した良型のニジマスが釣れるらしいです(*^_^*)
カジカは、喰ったことないすけど、ヤマメとは違う美味な味と聞いたことがあります。

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

記事の更新が遅れて申し訳ありません。この日は釣り未経験の友達を指導しながらの釣行だったので、写真も少なくなってしまいました。ただ渓流釣り初心者にもヤマメを釣らせる事ができて良かったです。

厚別川はニジマスも生息していますが、良型と呼べるほどのサイズは釣った事がないですね。精々20センチ前後でしょうか。良型を探しに上流域の未開拓地も行ってみようかなと思いました。

3. 釣り場のチョイスが嬉しい

はじめして、札幌在住で釣り歴35年になります。
今では投げ釣りでカレイしかやりませんが、初めの頃は近くの創成川や発寒川でウグイやフナを釣っていました。
現在白石区在住で、近くに厚別川、月寒川が流れており、一度は竿を出してみたいと思いつつ、つい足は海に向かってしまいます。
そんな時、千葉様のブログを見つけ、その釣り場のチョイスに感銘を受け、コメントをお送りした次第です。
札幌市以外の川も、相当マニアックな場所で釣りをされておりますが、私もカレイを狙う際は、人のいない実績のない場所をあえて選ぶことも多いので、千葉様の釣り場選びに勝手に共感しております。
今後、望来川、濃昼川、知津狩川、毘砂別川、西岡公園周辺の月寒川の釣行記が出るのを、密かに期待しています。

4. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

マニアックな河川の記事ばかり更新していますが、それが良いと言ってくれる方がいて私も嬉しい気持ちになりました。

私はネットで検索しても全くヒットしない河川を釣り歩いている時が一番興奮します。多分どんな流れの川なのかも、何が釣れるかも分からないドキドキ感が堪らなく好きなんでしょうね。そんなマニアックな河川の情報がまとめてあるブログがあれば絶対面白いと思って、記事を更新している次第です。

これからも名前も知らないような河川の記事が更新されていくと思いますが、温かく見守って頂ければ幸いです。

5. 素晴らしいブログをありがとうございます

何が釣れるかわからないドキドキ感というのは、まさに同感です。
釣り情報を見て、”入れ食い”や”大漁”の文字を見ても全く心が動きません。
私は、これまで雑誌や新聞等で紹介されたことのない空白地帯で、40センチ以上のカレイを1枚だけ釣ることを目標に行動しています。釣れないことのほうがほとんどですが、そこに魚がいてほしいという希望だけでやっているので、結果釣れなくてもいいんです。

なので、実績のある有名釣り場の紹介より、千葉様のブログのように、未知の釣り場の情報のほうが惹かれますし、釣りのジャンルが違っても面白く見ることができます。

私の釣りの原点でもあるウグイの登場頻度が多いのと、原点の風景に近い場所が多いので、温かく見守ってというより、胸を熱くしてワクワクしらがら、これからも拝見させてもらおうと思います。

6. はじめまして。親Gと申します。

はじめまして。
親Gと申します。宜しくお願い致します。
ここ5~6年、決まった川(笑)だけで息子(23歳)と渓流釣りを楽しんでいる54歳の親Gです。

ふとしたことから、厚別川での釣りに興味を持ち、いろいろ情報を探していたところ、千葉さんのブログにたどり着きました。
新しい情報が更新されているので、とても興味深く読ませて頂いております。

今日、初めて厚別川に入渓してきました。
ターゲットはニジマスだったのですが、釣果的には10~15cm位のヤマメが10匹前後でしょうか。すべてリリースしてきましたが。

最後のポイント(小さい深み)に息子が竿を入れた瞬間!!
40~50cmのシャケがジャンプ!!その後も、私たちをあざ笑うように2、3度ジャンプ!!目の前で起きた光景に二人とも唖然と興奮と感動!!(言葉で言い表せない・笑)
深みにはジャンプしたシャケの他に一回り小さな魚影(赤く見えました)が3匹。
何とか、餌(イタドリ、ぶどう虫)を食べてくれないかと、40分前後粘りましたが、そぶりも見せず・・・
諦めて、退渓しました。

自分たちが釣をしているポイントで、それもあの程度のポイントでシャケのジャンプを見るなんて・・・凄い体験をしてきました。

見える魚は釣れない・・と言いますが・・・残念でした。

これからも、楽しくブログを拝見しながら、こんなコメントも入れさせて頂ければと思っています。

また、同じ釣仲間としていろいろ教えて頂ければ幸いです。

長文になってしまい失礼しました。
今後とも宜しくお願い致します。

7. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

現在私は23歳で父親が54歳なので、不思議な親近感を感じました(笑)。こちらこそよろしくお願い致します。

普段何気無く食卓に並んでいるサケですが、実際に川を泳いでいる姿を間近で見ると感慨深いですよね。赤い魚は小さいサクラマスか、イクラ狙いのニジマスでしょうか。釣り上げてみないと分かりませんね。

私もより楽しくブログを読んで頂けるよう精進していきますので、温かく見守って頂ければ幸いです。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数