忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

銭函川 釣り



今日は小樽市を流れる銭函川で釣りをしてきました。上の写真は銭函駅の近くで撮ったのですが、ご覧の通り人工の滝が連続する超急流河川です。ただこの辺りは流石に滝が多過ぎるので、もう少し上流を見てみましょう。



1つ上流の橋に来ました。ここで滝の下を攻めたいのですが、銭函川の両岸は私有地が続いているため竿を出せません。また護岸も高く川に降りれる場所もないので、かなり釣りが制限されます。もどかしいですね。



釣りができる場所を探して川沿いの道を歩きます。川も急なら道も急です。それでも進んでいくと、



ナイスな梯子を発見。しかも近所の住民が梯子の下に石を積んで下さっている模様。ありがたく使わせて頂きます。



やっと川に降りる事ができました。早速滝の下の深場に仕掛けを投入すると、



19センチの鮮やかなニジマスがヒット。周りは住宅街なので釣り切られていそうですが、スレてはいるものの魚がいました。ここから上流に釣り上がってみましょう。



上流は人工の滝と急流が延々と続いています。しかしいくら釣り上がってもアタリが全くないので、もう釣りと言うより沢登りです。しかも川底はヌメヌメして滑りやすく、護岸も高いので川から出る事ができません。これほど遡行が辛い川は初めてです。それでも滝をよじ登っていくと、



良い感じのポイントを発見。しかし仕掛けを投入すると痛恨の根掛かり。さらに悲しい事に仕掛けを外すため四苦八苦していると、魚がササッと泳ぎ去っていくのが見えました。もう本当に帰りたいです。



戦意を喪失しつつその後も滝をよじ登り続けましたが、ここで前方がかなり鬱蒼としてきたので引き返す事にしました。藪が濃過ぎて奥が見えません。私の気力と体力も限界です。



帰りに先程魚が逃げていったポイントをもう一度見てみます。あれから1時間ほど経過したので、ひょっとしたら魚が戻ってきているかもしれません。しかしそんな上手い話はないですよね。半分諦めムードで仕掛けを投入すると、



24センチのニジマスがヒット。奇跡的です。やはり滝に挟まれた区間で生息しているため一度逃げても他に深場もなく、同じ場所に戻ってくるようです。今日はこれで満足して帰宅しました。それにしても魚の往来を阻む滝が無数に存在するにもかかわらず魚影があったのは驚きでした。とは言え滝に挟まれた区間の魚は釣り切ってしまえば終わりですから、是非ともリリースを心掛けて頂きたいですね。本当に大変な川でしたが、また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。

銭函川の上流にも行ってみる
PR

コメント

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数