忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

空知川 釣り



今日は富良野市を流れる空知川で釣りをしてきました。空知川と言えば道央を代表する有名河川なので、まずは他の釣り人が入らなさそうなポイントから攻めていきましょう。



多少雨が交じる悪天候ですが、釣り下っていくと美しい大自然と見事な渓相が広がっています。釣り人が非常に多い事も納得ですね。



そして最初のビッグポイントに到着。何が出ても不思議ではありませんが、すぐにはアタリがありません。それでも何度も仕掛けを投入するとアタリがあり、



24センチのニジマスがヒット。空知川では一番よく釣れるサイズですね。予定ではもう少しこの周辺で竿を振るつもりでしたが、進行方向に釣り人が見えたので一旦脱渓しましょう。



朝8時を過ぎ各橋周辺は殆ど釣り目的の車が停まっている状況なので、小さい支流から本流に入渓し他の釣り人が攻めていないポイントを狙っていきます。すると支流の流れ込みで早速アタリがあり



34センチのイワナがヒット。この周辺があまり攻められていない事が分かり、大物への期待も高まります。



広大な本流を釣り下ってみると、グーグルマップの航空写真では分からないポイントが結構ありますね。人気河川である分そういう場所を見逃さないのが大事だと思っていると、アタリを感じたものの仕掛けが全く動きません。すると数秒後とんでもない太さの巨大魚が下流に向かって泳ぎ出すのが見えました。ラインブレイク寸前までテンションを掛けても川底に張り付いて動かないので、川の流れを利用して何とか浅瀬に誘導してやると姿を現したのは



モンスターレインボーと呼ぶに相応しい56センチの極太ニジマスでした。渓流釣りを始めて以来これほどの怪物に出会った事はありません。しかし何より驚異的なのは異様とも言える太さと完璧な魚体です。日本の自然河川でこれほど見事な魚体が育まれる事が信じられません。



激しいファイトで殆ど外れかかった針を外すと、モンスターレインボーが空知川の雄大な流れの中に消えていくのを見届け、今日は大満足で帰宅しました。果たして今後これ以上の怪物に出会う機会があるのか分かりませんが、また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。
PR

コメント

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数