忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

三階滝川 釣り



今日は伊達市を流れる三階滝川で釣りをしてきました。写真は河川名にもなっている三階滝です。ちなみに半年前の真冬に三階滝を訪れた時は滝壺にミミズを投入するも坊主でした。今日は観光客が多いので滝壺で釣りをするのは自重して上流に向かいます。



入渓すると思いのほか水量豊富で、本流の長流川と比べても遜色ありません。ただ長流川同様クリアな水質で苦戦するかと思いきや、



あっさり19センチのニジマスがヒット。この後さらに同サイズのニジマスが何匹か釣れたので、長流川と比べて魚影は濃いのかもしれません。



続いて中流域のビッグポイント周辺を攻めるもアタリはありません。さっさと見切りを付けて向かったのは



上流域の砂防ダムです。絶好の深場ですが目立つポイントのため期待せずに仕掛けを投入すると、



23センチのイワナがヒット。天然の魚止めである三階滝の上流は放流ニジマスのみ生息していると思っていましたが、イワナも生息しているようですね。



大方釣りを満喫し、帰りに三階滝公園の横を流れる支流を覗いてみました。原始を思わせる渓相は公園横の整備された流れからは想像できません。早速仕掛けを投入すると



22センチのニジマスがヒット。予想通り渓流魚が生息しているようですね。ただ不思議な事にこの支流は異様に水温が低く、水に手を浸けていられないほどでした。苔が繁茂しているのも低水温による霧の影響でしょうか。



その後少し釣り上がるも霧に包まれた不気味な渓相に加え遡行も厳しくなってきたので、今日はここで帰宅しました。大物は狙えない印象の河川でしたが、また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。
PR

コメント

1. 無題

こんにちは、夕張川支流の遠幌加別川を訪ねてみました。道路に架かる橋から1時間位釣り上がったところで先行者(途中の林道から入渓したそうです。)に追いついてしまい終了しました。

千葉さんのブログではイワナが釣れてますが、昨日はニジマスばかりでした。季節によって川の主役が変わるのかもしれませんね。

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

遠幌加別川は魚類の往来を妨げる障害物がないので、季節によって魚が移動する事もあるでしょうね。逆に砂防ダム等で本流から隔絶された環境にある河川は、四季に関係なく釣れる魚種が同じになります。

3. とても参考になります!

釣りを始めて、まだ1ヵ月ばかりですがいつも参考にさせて頂いてます。
釣りを始める前は札幌市内でヤマメやニジマスが釣れるなをんて知りませんでしたし、川魚を食べるなんて想像も出来ませんでした。
ホーマックで買った竿を、行き当たりばったり降ろした川が厚別川で、釣れた魚がヤマメでビックリ!

すっかり釣りにハマってしまいました。

何処の川で、どれ位の何が釣れるのか?全く分からないので行き先を決める時の参考にさせて頂いてます。

4. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

私ほど札幌近郊の川に詳しい人間はいないと思うので、その知識が誰かの役に立つなら幸いです。

ただ誰かが発信した情報を鵜呑みにして、それと同じ釣行をしているようでは大した釣果は見込めません。「今の時期どこに釣り人が集中し、川のどこに魚が付くのか」を自分で考え、今日どこで釣りをすれば釣果が見込めるかを考える。このブログはそういう自分なりの「渓流釣り理論」を組み立てるヒントの1つにして頂ければと思います。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数