忍者ブログ

気胸研究所

気胸という病気について多くの人に知ってもらい、気胸で悩む人たちの手助けができれば幸いです。

夕張川 釣り



今日は夕張市を流れる夕張川で釣りをしてきました。まず最初に訪れたのは以前調査して坊主だった川端ダムです。川端ダムは普段濁りが酷く釣りの対象外ですが、10月以降に水が抜かれると若干水質が良くなります。しかし前回は渓流魚の魚影が皆無で、唯一視認できたのは湖育ちの巨大コイのみでした。という訳で今日は巨大コイを狙ったぶっこみ釣りに挑戦します。



入釣地点から少し遡行し、前回巨大コイが泳いでいた場所に三脚をセット。ダイワのラブラックスとラテオが淡水ぶっこみ釣りに使われるなんて、メーカーは想定外だろうなと思っているとアタリがありました。掛かっていたのは



なんと33センチのニジマスです。川端ダムで渓流魚を見たのは初めてですが、よく考えると前回はルアーで攻めたのが失敗だったのかもしれません。現に上流から歩いてきたルアーマンも暇そうに座り込んでいます。ただ今日のターゲットは飽くまで巨大コイなので手早くリリースすると、今度は竿尻が跳ね上がる強烈なアタリが。先程のニジマスとは比べ物にならない重量感の正体は



極太ボディの巨大ウグイでした。こんな立派なウグイは見た事がありません。



サイズを計測すると46センチで、陸封型のウグイとしては最大級でしょう。この調子で巨大コイも捕獲したい所でしたが、結局コイは現れず移動する事になりました。



数キロ上流に移動し、先程同様ぶっこみ釣りで大物を狙います。この場所でコイを見た事はありませんが、殆ど止水で水深もあるので期待できそうですね。



しかし釣れるのは40オーバーのウグイばかりです。濁りがあるためかニジマスやイワナのアタリはありません。



その後ウグイのアタリもなくなったので、ぶっこみ釣りに見切りを付けてルアーで遊んでいると、少し釣り上がった所で猛烈なアタリがありました。ウグイとは思えない暴力的なファイトの正体は



50センチのモンスターレインボーでした。やはり正攻法で渓流魚が欲しいなら川端ダムより上流が無難ですね。巨大コイは釣れませんでしたが思わぬ大物に満足し、今日はここで帰宅しました。また機会があれば訪れてみようと思います。魚は全てリリースしました。
PR

コメント

1. いつも楽しく拝読させていただいています!

はじめまして下手くそルアーマンです、以前から参考にさせていただいています。いろいろな本流、支流での釣りをされているのが羨ましいです。
川端ダムは秋の農作業が終わると放水が止まり?ダム下流の濁りが少なくなりニジマスが釣れると他のアングラーさんから聞いたことがあったのですが…上流のほうがいいのでしょうか?由仁町近辺で釣行予定でしたが10月から腰痛で行けずじまいでした…トホホ
またの更新楽しみにしております。

2. 返信

コメントありがとうございます。千葉千太郎です。

私は川端ダム下流の夕張川本流でニジマスを見た事は一度もありません。ただし川端ダム下流の支流では渓流魚が生息している河川が複数あるので、本流にも間違いなく魚はいます。ただし川端ダム上流に比べると魚影は極めて薄いため、大物の可能性もありますが厳しい釣りになるでしょう。そのため「川端ダム上流と下流どちらが良いか?」と聞かれれば、私は「普通のルアーフィッシングを楽しみたいなら上流」と答えますね。

そして釣り人を川端ダム上流に誘導しつつ、こっそり川端ダム下流で大物をぶっこみ釣りするのも面白そうです(笑)。

プロフィール

HN:
千葉千太郎
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1992/09/18
職業:
自称美術家
趣味:
釣り、カラオケ、ボウリング
自己紹介:
休日は晴れれば川に行き、雨なら家で絵を描きます。イラストブログも運営しているので、興味がありましたら覗いてみて下さいね。

ポイント公開について

ひとこと釣行記

胆振地方の河川

コメント

当ブログについて質問や感想がありましたら記事下のコメント欄に気軽にお書き込み下さい。パスワードは設定していませんので、コメントさえ記入して頂ければ他の項目は空欄でも構いません。ただし他者を不快にさせる内容であったり思慮に欠けた無礼なコメントは返信せず削除します。酷い場合はアクセス禁止設定となりますので予めご了承下さい。

最新コメント

[11/09 千葉千太郎]
[11/09 まっつん]
[09/23 千葉千太郎]
[09/23 健太郎]
[09/22 千葉千太郎]
[09/22 ad ]
[09/20 千葉千太郎]
[09/20 TNK]
[09/20 TNK]
[09/20 千葉千太郎]

来場者数